旧東第2地区補足設計業務(平成29)

位置図(航空写真) 隅角角度変化によるFEM解析図
貯水池全体平面図 辺長比1:2.5鈍角隅角のFEM解析図
 本業務は、南大東村に位置する旧東第2地区貯水池について「沖縄型貯水池建設設計・施工・管理指針」に基づく擁壁等の補足設計を行ったものである。当該地区の貯水池は掘込式による逆T擁壁にて計画されている。当該地区貯水池では取得用地等の制約から、直角、鈍角、鋭角の隅角部擁壁にて構成されており、隅角部擁壁の構造解析が課題であった。特に鈍角隅角部については構造解析手法等の明確な考え方が示されていない状況であった。そこで、鈍角隅角擁壁について、FEM解析を用いて隅角角度とたて壁長の変化に着目し、たて壁の断面力の比較検討を行い、最適なたて壁の辺長比を決定した。その結果、たて壁平面形状は辺長比を1:2.5程度の非対称形状で計画した。