満川ため池耐震照査委託業務

 
①解析モデル ②初期応力解析(応力分布)
③詳細ニューマークD法 ④耐震性能評価
 本業務は名護市真喜屋に位置する満川ため池を対象にレベル2地震動の耐震照査を実施したものである。本ため池はH30年度に簡易ニューマークD法での耐震照査において、旧堤体の強度低下特性の評価が課題となったためり、本業務にて詳細ニューマークD法の耐震照査解析に必要な各種試験(原位置試験、物理試験、動的力学試験)を行い、今後の耐震補強等の必要性について照査を行った。その結果、簡易法に比べ、地震時における旧堤体盛土の低下特性が詳細にモデルへ反映可能となったことから、沈下変形量は許容値の範囲内におさまっておりL2地震時に堤体天端を越流しないことが分かった。また、すべりに伴う浸透破壊に対する安全性についても、緊急放流施設が整備されているためパイピングに繋がるような浸透破壊の可能性は低いものと判断された。よって、満川ため池堤体の耐震性能は、耐震性能Ⅱを有していると判断した。